© 音色研究会 All rights reserved.

音色研究会ジャックのはんだ

20223/17

INとOUTのジャックについて

INとOUTのジャックには「1/4フォンジャック」を使用します。

配線端子についてはジャックのメーカーや形状によって異なりますが
基本的に下図で色分けしたような部品構成になっております。

色分けどおりにつながっているか(導通があるか)テスターでご確認ください。

音色研究会ジャック

上記図はINPUTがステレオジャックになっております。

INPUTもモノラルジャックで製作することは可能ですが、
シールドをさしていない状態でもSWを押せばエフェクターがONしてしまう(電源供給される)状況になります。

 

ジャックをはんだ付けする際には基本的にボリュームポット同様に
ひっかけからげが望ましいと思います。
(弊社で試作する際には交換しやすいようにちょん付けで行っております)
音色研究会ジャックのはんだ

こちらにも熱収縮チューブ等での絶縁を忘れずに行ってください。
熱収縮チューブがなければビニールテープなどでも絶縁さえできれば問題ありません。

ジャックはメッキ加工されているものもあり、
その場合ははんだがのりにくくなっておりますので表面をやすりで削るとはんだしやすくなります。

関連記事

20226/28

電子部品が見つからないときの対処法

自作エフェクター製作で問題となるのが「ほしい部品が見つからない」ことだと思います。 作りたいエフェクターに限ってすでに生産が終了していて絶…

20226/27

音が鳴らない時の確認方法

ギターサークルでエフェクターを製作すると完成したのに音が鳴らないということがけっこうありました。 本気でトラブルシューティングするとな…

20226/23

カスタムOD&Distの活用例

カスタムODとカスタムDistのカスタマイズの一例です。 ①シンプルに作る 難しく作らずにシンプルなオーバードライブ(ディストーション)…

20226/14

カスタムDist基板

この基板はカスタマイズすることを前提とした弊社オリジナルのディストーション基板です。 使いやすい一般的なディストーション回路の回路図と…

20226/14

カスタムOD基板

この基板はカスタマイズすることを前提とした弊社オリジナルのオーバードライブ基板です。 一般的なオーバードライブ回路の回路図と使用するパ…

ページ上部へ戻る