© 音色研究会 All rights reserved.

Blues Breaker風自作基板

20191/25

Blues Breaker風自作基板

Marshall Blues Breakerは、Guv’norの後継機種として発売されたDrive Master、Shred Masterと合わせてMarshall三兄弟と呼ばれることもある1台。

ゲインはそれほど強くありませんが、心地よいマイルドで太い音が出るペダルを再現した基板。

部品点数も少ないので自作初心者の方にもお勧めです。

 

基盤サイズ
50mm×40mm

 

 

【部品配線図】

下記よりダウンロードしてください。

自作基板部品配置図ダウンロード

 

 

関連記事

20192/2

DeepBlueDelay風自作基板

Mad Professor Deep Blue Delay ディープブルーディレイは非常にナチュラルなサウンドをもつデジタル/アナログディ…

20192/2

TS808風自作基板

Ibanez Tube Screamer Overdrive TS808 TS系エフェクターの原点、チューブスクリーマーの初代TS808を…

Fulltone RTO

20192/2

RTO風自作基板

Fulltone RTO Robin Trower Overdrive (フルトーンロビントロワーオーバードライブ) ジミの再来とうたわれ…

Okko Diablo

20192/2

Diablo風自作基板

OKKO Diablo+ (オッコーディアブロ・プラス) ドイツ製の高評価のマーシャル系ペダルを再現。 ローからミディアムまで幅広い…

OCD

20191/26

OCD風自作基板

FULLTONE OCD (Obsessive Compulsive Drive)はゲインの幅が広く、アンプのブースターとしても、歪みとして…

ページ上部へ戻る