© 音色研究会 All rights reserved.

音色研究会配線の解説

20223/17

配線図と実配線

下図のような配線図の場合

音色研究会配線の解説

INPUTジャックとPUTOPUTジャックのS(コールド)と
DCジャックのマイナス(GND)を配線でつなぐこととなります。

 

とにかく3点がつながれば良いので下図のどちらのつなぎ方でもOKです。

音色研究会配線の解説音色研究会配線の解説

ケース内での配線の引き回しを考慮して配線しやすい方を選択してください。

2本の線をよじってはんだでつけることになりますが、よじった配線には予備はんだを忘れずに行ってください。

関連記事

20226/28

電子部品が見つからないときの対処法

自作エフェクター製作で問題となるのが「ほしい部品が見つからない」ことだと思います。 作りたいエフェクターに限ってすでに生産が終了していて絶…

20226/27

音が鳴らない時の確認方法

ギターサークルでエフェクターを製作すると完成したのに音が鳴らないということがけっこうありました。 本気でトラブルシューティングするとな…

20226/23

カスタムOD&Distの活用例

カスタムODとカスタムDistのカスタマイズの一例です。 ①シンプルに作る 難しく作らずにシンプルなオーバードライブ(ディストーション)…

20226/14

カスタムDist基板

この基板はカスタマイズすることを前提とした弊社オリジナルのディストーション基板です。 使いやすい一般的なディストーション回路の回路図と…

20226/14

カスタムOD基板

この基板はカスタマイズすることを前提とした弊社オリジナルのオーバードライブ基板です。 一般的なオーバードライブ回路の回路図と使用するパ…

ページ上部へ戻る