© 音色研究会 All rights reserved.

20192/2

DeepBlueDelay風自作基板

Mad Professor Deep Blue Delay
ディープブルーディレイは非常にナチュラルなサウンドをもつデジタル/アナログディレイです。

 

このディープブルーディレイはクラシカルなテープエコーユニットと同域のデプスを持ち、さらにアンプの前に、またアンプのLOOPにも 使えるように最適化されています。
このディレイはノイズリダクションは搭載されておりません。
これにより非常にナチュラルなディレイサウンドを表現することに成功しました。
ドライのサウンドは限りなく短い回路で設計されており、なにひとつフィルタリングされておりません。
すべてのつまみを全開にしても音が歪むことなく非常に美しいディレイサウンドが出せるのが特徴です。

 

アナログライクなデジタルディレイを再現した基板で

元のDeep Blue DelayにLevelを追加したMODバージョンです。

 

基盤サイズ
50mm×60mm

 

 

 

 

 

【部品配線図】

下記よりダウンロードしてください。

自作基板部品配置図ダウンロード

関連記事

入門OD1

20225/25

電子部品について

自作エフェクター製作に使用する電子部品は様々ありますが、抵抗・コンデンサ・ダイオード・トランジスタ・オペアンプが基本になると思います。 …

20225/25

はんだについて

自作エフェクターを製作する際に必須となる「はんだ付け」の説明です。 【はんだを使用する際の注意点】 はんだのこて先は…

自作エフェクター

20225/24

入門OD製作マニュアル

入門ODはいままで音色研究会に問い合わせのあった内容を踏まえて、エフェクター自作に慣れていない方や自作してみたけど完成まで至らなかったという…

音色研究会ポットのはんだ付け

20225/13

製作に必要な工具類

エフェクターを自作製作するにあたって必要な工具やあると便利なアイテムを紹介します。 【基板/配線】 ●はんだごて できれば…

音色研究会LED

20223/23

LED配線図と実配線について

下図配線図のLED部分は水色破線の部分になります。 LEDには極性(+と-)がありますので取り付ける際には向きに注意してくださ…

ページ上部へ戻る