© 音色研究会 All rights reserved.

20192/2

DeepBlueDelay風自作基板

Mad Professor Deep Blue Delay
ディープブルーディレイは非常にナチュラルなサウンドをもつデジタル/アナログディレイです。

 

このディープブルーディレイはクラシカルなテープエコーユニットと同域のデプスを持ち、さらにアンプの前に、またアンプのLOOPにも 使えるように最適化されています。
このディレイはノイズリダクションは搭載されておりません。
これにより非常にナチュラルなディレイサウンドを表現することに成功しました。
ドライのサウンドは限りなく短い回路で設計されており、なにひとつフィルタリングされておりません。
すべてのつまみを全開にしても音が歪むことなく非常に美しいディレイサウンドが出せるのが特徴です。

 

アナログライクなデジタルディレイを再現した基板で

元のDeep Blue DelayにLevelを追加したMODバージョンです。

 

基盤サイズ
50mm×60mm

 

 

 

 

 

【部品配線図】

下記よりダウンロードしてください。

自作基板部品配置図ダウンロード

関連記事

20192/2

TS808風自作基板

Ibanez Tube Screamer Overdrive TS808 TS系エフェクターの原点、チューブスクリーマーの初代TS808を…

Fulltone RTO

20192/2

RTO風自作基板

Fulltone RTO Robin Trower Overdrive (フルトーンロビントロワーオーバードライブ) ジミの再来とうたわれ…

Okko Diablo

20192/2

Diablo風自作基板

OKKO Diablo+ (オッコーディアブロ・プラス) ドイツ製の高評価のマーシャル系ペダルを再現。 ローからミディアムまで幅広い…

OCD

20191/26

OCD風自作基板

FULLTONE OCD (Obsessive Compulsive Drive)はゲインの幅が広く、アンプのブースターとしても、歪みとして…

20191/26

RockettAnimal風自作基板

アメリカのエフェクターブランドRockett PedalsのAnimal Overdriveは、1968年のプレキシサウンドを基にして作られ…

ページ上部へ戻る